学生

評判のいい家庭教師に見てもらえば子供の成績は飛躍する

有名大学へ進学するために

男の子

大学進学に有利となる理由

小学校から中学校へ進学する場合、大抵は住んでいる地域の学区内公立中学へ進学します。その一方で私立中学への進学者は1割と少数派になります。義務教育である中学校で敢えて私立を選択する理由としては将来の受験対策が挙げられます。公立中学と私立中学では授業内容のカリキュラムがまったく異なります。公立中学校は義務教育の範囲内でのカリキュラムで授業を進めますが、私立中学は受験対策を前提としています。私立中学は環境面も優れており、人数も少数なので教師も一人一人の学習能力を把握しながら授業を行えますから高校や大学への進学にも公立よりも高い実績を得やすくなるのです。また厳しい受験戦争を避けるために私立中学を選択する傾向もあります。有名私大へ進学するために一般入試を受験するよりも、系列の中高一貫教育校に進学することで内部進学によりエスカレーター方式で有名私大への進学が容易となります。受験に有利になる、もしくは受験を避けて有名私大へ進学するという観点からすれば私立中学へ進学するメリットは大きいと言えますが、進学するためには中学受験を突破しなければなりません。そのためには進学実績のある有名塾に通うことも大事ですが、子供さんの中学受験に対する意識も大切です。中学受験は親御さんに言われたからというものが圧倒的に多いそうです。しかしいくら将来のためだからとは言っても子供さんのモチベーション次第ですから勉強が身に入らなければ結果的に不合格になります。小学生ですと将来のビジョンを明確に掴むことが難しいので仕方がありません。親御さんで子供さんに中学受験をさせたいのであれば子供さんとの意思疎通をしっかり図って、中学受験の必要性を教えてあげることが大切であると言えます。